神式の祀り方

神式の場合、祖霊台という故人を祀るものを設置します。
霊璽と霊鏡も納めます。
神棚は神様を祀るもので、故人を祀るものではありません。
そのため、一緒にしてはいけません。
別に設けた神棚と祖霊台にそれぞれ別に神具を飾り、二礼二拍手一礼をして拝みます。
洗米や塩、榊と水、お神酒を供えます。
いただきものなどあるときは、それも供えます。

神式では毎月1日と15日に月次祭と称していつもより念入りに拝むしきたりになっています。
榊やお神酒を新しいものに取り替えてお供えものも少し多くします。
三宝に供えたものは、お下がりとして、後でいただきます。


Copyright © 2007 お墓・仏壇の選び方. All rights reserved