お墓参り

墓参りは、故人の命日と年忌法要、お彼岸、お盆など、折にふれて行います。
持参するものは、供え物、たわし、雑巾などです。
花や線香、ろうそくは、霊園近辺の店で、手桶やひしゃくなどは管理事務所などで調達できるのが一般的です。
まず掃除を丁寧に行います。
卒塔婆の古いものは、所定の場所で燃やすか、管理事務所などに処分を依頼します。
線香は、束のままもしくは、人数分に分けて供えます。
水は故人ののどを潤す意味があり、墓石にまんべんなくかけます。
食べ物を備えるときは、腐敗や犬猫の食べ散らかしがあるので、必ず持ち帰ります。
供えるときは、半紙か器の上におきます。

神式の場合、お参りは式年祭を中心とした命日、彼岸・盆に行います。
線香はなく、洗米、塩、お神酒などを供えます。
花も供えることなく、代わりに榊を飾ります。
拝礼は二礼二拍手一礼を行います。

キリスト教式の場合、カトリックは、命日や11月2日の万霊節、プロテスタントは、召天記念日を中心にお墓参りをします。
掃除をして、花だけを供え、聖歌・讃美歌合唱、聖書朗読、合掌礼拝などを行います。


Copyright © 2007 お墓・仏壇の選び方. All rights reserved